土浦、桜川のソープ街のことをここのところ書いてきたけれど、もちろん茨城の風俗っていうのは、桜川のソープ街ばかりじゃない。

たしかに店舗型の風俗って最近では少なくなってきているので、貴重な存在ではあるけれどね。

今、全盛のデリヘルも土浦桜町、水戸の天王町、神栖といったところではググってみれば、かなりの数のお店がヒットする。

で、共通するのが、東京の近くよりもずっとリーズナブルな値段だっていうこと。

60分で10000円から15000円が相場だから、比較的安価で遊ぶことが出来るのが茨城の風俗のいいところ。

東京からさほど遠くなくてこの値段っていうのはなかなかうれしいよね。

僕は千葉県在住の東京勤務という、まあ比較的多いタイプのサラリーマンだから、茨城は生活圏とは離れている。

この生活圏と離れたところの風俗っていうのがまたいいわけ。

出張族のような人は、全国各地で嫁さんにバレないように遊べたりするけれど、僕のようにそれほど出張も多くない仕事だと、なかなか嫁さんの目を盗んで遊ぶ・・・って出来ないからね。

その点、茨城の風俗なら話は別。

それほど苦労することなく、行くことが出来て、しかもリーズナブルな値段とあれば、使わない方がもったいない。

特に神栖は風俗の老舗でもあるので、いろんなタイプの風俗店が存在するのもうれしいところ。

フェチプレイもOKだし、ソープのような王道の風俗もあるから、神栖の風俗店で楽しまない手はないよね。